新しいHomePod、iMac、低価格のiPadが今年後半に登場

ロックダウンや外出禁止など、新型コロナの影響がいろいろな場所で出ていても、作業は依然として行われなければなりません。これは、物理的な製品に特に当てはまります。 Appleのように非常に秘密主義の会社で、物事をしっかりとラップすることで知られている場合や多くの作業を行う場合は、これを行うのはとても困難です。世界的なパンデミックにより、Appleはある程度の地歩を譲らざるを得なくなり、そうすることで、今後の製品にいくつかの手がかりを生み出した可能性もあります。

過去数週間の多くの仕事は、雇用主の過去の主張にもかかわらず、実際に自宅で実行可能であることが証明されています。確かに、仕事がデジタルファイルや紙だけで十分であれば、それは簡単なことです。ただし、作業にハードウェアまたはそのハードウェア上のソフトウェアのテストが含まれる場合、状況は変わってきます。

Appleはその秘密主義として長い間世評が高かったのですが、過去数年でリークの頻度と精度が高まってきています。しかし、世界中の旅行やビジネスに多くの制限があるため、会社は、一部のデバイスを含め、一部の従業員に仕事を持ち帰らせるしかありませんでした。

ブルームバーグのレポートでは、それらのいくつかは、今年後半のアップルのラインナップを含むと報告しています。私たちはすでに新しいMacBookと新しいiPhoneをAppleのラインナップの一部として期待していますが、Appleファンのために用意されているのはこれらだけではありません。価格帯の低めなiPadと新しいiMacもあります。

最大のニュースは、新しいHomePod、Appleのスマートスピーカーでしょう。 Appleスピーカーは、ライバルよりも参入が遅くて高価で、大まかなスタートを切りましたが、Appleの忠実なファンは公平なシェアを持っていました。HomePodやスピーカーの後継品については今までほとんど話がありませんでした。これらの新しいデバイスが今年登場するかどうかは、新型コロナのパンデミックが過ぎてからAppleと世界の他の地域がどれだけ早く回復できるかに大きくかかっているようです。

コメント