ファーウェイの新モデル「Huawei Watch GT 2e」3/26に発表。14日稼働できるスマートウォッチ

中国のHuawei(ファーウェイ)が開発中のスマートウォッチ「Huawei Watch GT 2e」のデザイン画像が明らかになりました。3種類のモデルが登場し、前モデルと同じく大容量バッテリーを搭載するようです。また、同社が発売を予定しているスマートフォン「Huawei P40」と同じく3/26に発表されるようです。

14日間の稼働時間を誇るHuawei Watch GT 2e

スマートウォッチ市場はApple Watchが支配していることは言わずもがなですが、その中で他のメーカーは特徴的なモデルをリリースしています。Huaweiもその企業の1つで、バッテリー稼働時間がかなり長い「Huawei Watch GT」を販売しています。

今回リークされたのはHuawei Watch GTの新モデル「Huawei Watch GT 2e」です。3種類のモデルが登場し、それぞれ「グラファイトブラック」「ボルケーノレッド」「ミントグリーン」です。46mmのケースには1.39インチで454×454のディスプレイを搭載しています。

バッテリー稼働時間は前モデルと同様の14日間。スマートウォッチとしては大容量の455mAhのバッテリー、省電力のHiSilicon Hi1132、そしてHuawei独自のOSを組み合わせることで実現しているようです。

内蔵ストレージは4GB。Bluetooth 5.1でペアリングすることが可能で、ワイヤレスヘッドホンなどで音楽を聞くことができます。そのほかの機能は、GPS、歩数計、睡眠・心拍トラッキングなど基本的なもの。心電図や血中酸素濃度の測定をすることはできないようです。

価格などは明らかになっていませんが、3/26にHuaweiの新型スマートフォンP40と一緒に発表されます。乞うご期待!

コメント