新MacBook Air発表、新キーボード採用で価格は104,800円〜に値下げ

Appleが新しいMacBook Airを発表しました。16インチiPad Proで採用されているMagic Keyboardを搭載し、価格は104,800円からと値下がりしました。

新しく発表されたMacBook Airのいちばんの変更点は、ずばりキーボード。耐久性に問題を持つとされたバタフライ構造のキーボードではなく、16インチiPad Proで採用されているシザー構造のMagic Keyboardを搭載。キーの運びは1mmです。また、矢印キーの配置は、より操作しやすいように逆T字型に配列されています。従来モデルに引き続き、大きめトラックパッドと、指紋認証用Touch IDも搭載しています。

上位2モデルでは、MacBook Airで初めてとなるクアッドコアプロセッサを搭載。ターボ・ブースト有効時に最大3.8GHzでの稼働が可能な1.2GHzの最新のインテル第10世代IntelクアッドコアCore i7プロセッサ搭載の最上位モデルは、前世代のMacBook Airと比べ最大2倍のCPUパフォーマンスを発揮します。グラフィックはInterl Iris Plus Graphicsを搭載し、前世代のMacBook Airと比較し最大80パーセントの処理スピード向上を実現しています。

SSDストレージは、基本構成が256GBと前世代の2倍にアップ。また、最大構成も2TBと前世代の2倍にアップしています。

ディスプレイは前世代と同様、解像度2560×1600の13インチRetinaディスプレイを搭載。データ転送、充電、ビデオ出力の機能が統合されたThnderbolt 3ポートを2つ搭載し、MacBook Airでは初となる6K 解像度の外部ディスプレイ出力に対応しています。

ユニボディシャーシは、100%再生アルミニウムで作られているのだそうです。重さは1.29kgと前世代モデルとほぼ同じ。色も従来と同じ、ゴールド、シルバー、スペースグレーの3色展開です。プロセッサはInter Core i3、i5、i7から選択可能。メモリは8GBの他に16GBが用意されています。ストレージは、基本構成の256GBから、512GB、1TB、そして最大の2TBまで拡張可能です。

価格はCore i3の基本構成で104,800円から。学生・教員向け価格は93,800円からとなります。Appleオンラインストアでは、3月18日より注文受付を開始、店頭販売は来週より開始の予定だそうです。

コメント