どうなる!?iPhone 13 miniのデザインが予想される

iPhone SEモデルの人気にもかかわらず、昨年のiPhone 12 miniはAppleの期待に応えることができませんでした。最小サイズのiPhone 12の売上は非常に低く、同社は生産量を大幅に削減したと報じられています。しかし、AppleはまだミニiPhoneをあきらめたわけではないようです。新たなリーク情報によると、iPhone 13 miniでも同じデザインを踏襲しますが、外見はすぐにわかるような変更が加えられるといいます。

 カメラ配置が対角線上に変更?

Androidのメーカー各社は、カメラの配置をスマートフォンの背面にある、あらゆるスペースに拡大することに躊躇しないようですが、Appleはこれまで数世代にわたってデザインを守り続けてきました。幅広のノッチはなくなりはしていませんが、徐々に小さくなり、iPhoneの背面にあるカメラバンプも四角いままだと思われます。

しかし、iPhone 13 miniでは少しだけ異なるかもしれません。Weiboに掲載された投稿によると、iPhoneには2つのカメラが搭載されますが、そのカメラの配置は、これまでの片側から対角線上に変更されます。見た目には、よりバランスのとれた外観になると思われますが、大型化したiPhone 13にも同じことが言えるかどうかはわかりません。

その他はiPhone 12 miniとほぼ同じ

それ以外の点では、iPhone 13 miniはiPhone 12 miniとほぼ同じで、5.4インチのスクリーンになると予想されています。もちろん、内部のハードウェアはアップグレードされ、新しいApple A14プロセッサと5Gモデムが搭載されます。これらによって、iPhone 12 miniのパフォーマンスやバッテリー駆動時間に関する不満が解消されることが期待されます。

iPhone 12 miniのパフォーマンスは、市場の反応によると期待はずれで、iPhone Liteが今年登場する可能性にも疑問を投げかけました。Appleは、このようなスマートフォンのスイートスポットを見つけようとしているようで、消費者が喜んで購入できるようなものを見つけるまで、スペック、性能、価格を調整し続けるかもしれません。

コメント