Apple Watchの頑丈な耐衝撃モデル “Explorer Edition” の登場なるか

Appleは頑丈なApple Watchの準備を進めていると報じられています。耐衝撃モデル “Explorer Edition”とされる新バージョンの登場が噂されているのです。これはwatchOSウェアラブルのよりタフなバージョンであり、過酷なスポーツを志向するユーザーや、そのマーケットにおける「哲学」に共感する人をターゲットにしていると推測されます。現在のAppleWatch Series 6は、50メートルの防水性能を備えていますが、ディスプレイのカバーガラスは、衝撃やひび割れの影響を受けやすくなっています。この問題にどのようなアプローチがなされたのか、CASIOのG-SHOCKにヒントがあるかもしれません。

“Explorer Edition”はApple Watchの流れを汲む

Apple Watchのデザインは、複数の世代にわたって一貫しています。初代Apple Watchを発表した2015年には、当時の円形ディスプレイのトレンドに逆行していました。多くの人が知っているように、柔らかな丸みを帯びたエッジを持つ筐体に正方形のスクリーンを採用したのです。

もちろん、Apple Watchはそれ以来のヒット商品であり、他の多くの企業がそのデザインを採用しました。市場におけるスタンダードをAppleが決定付けたとも言えます。そうした経緯の中、Apple Watch SEは、より手頃な価格でさまざまな機能を提供している一方で、デザインは現在のものを踏襲しています。

時として、そうした「当たり前」が変わる可能性もあります。Bloombergの報道によると、Appleは社内で別のApple Watchのデザインを検討しており、それは頑丈な筐体を持つものだとされています。ただ注意すべきは、このデザインは、現行のApple WatchとApple Watch SEに取って代わるものではない点です。AppleがNikeなどの企業とコラボレーションして特別エディションを企画するのと同じように、現行のApple WatchとApple Watch SEから遠くかけ離れることはない見通しです。

今回話題のバージョンは非公式には「Apple Watch Explorer Edition」と知られています。これが意味するところは何か。すなわち通知機能、ヘルス&フィットネス・トラッキング、メッセージング・サポートの提供は従来と同様になされるのではないかという推測が成り立ちます。また、現在のモデルと同様に、携帯電話との接続が可能なバージョンが提供される可能性もあります。これにより、iPhoneを持っていなくても、接続状態を維持できます。

“Explorer Edition”はG-SHOCKのように耐衝撃モデルか

最大の違いは頑丈なケースですが、現段階ではその詳細は不明となっています。最も考えやすい展望としては、ゴムの被覆と頑丈なバンパーの採用です。例えばCASIOのG-SHOCKなどでは、不注意なノックから画面を保護したり、不意に押されたボタンからボタンを保護したりするために、突起状のケースを採用しています。その特徴に近いものが新たなApple Watchのバージョンに搭載されるのではないでしょうか。

Appleがデザインした従来の時計に比べて最も明らかに改善された点の一つは、ストラップやバンドを簡単に交換できる点にあります。Appleは独自に複数のスタイルを提供しており、サードパーティの市場でも代替品が提供されています。Apple Watch Explorer Editionは、この市場を拡大し、より頑丈で、アウトドアやアクティビティに特化したオプションを提供する可能性があります。振り返ってみれば、Apple Watchは登場以来、長きに渡って成功を収めてきました。新しいアクセサリーシリーズを生み出すポテンシャルを秘めている点を考慮すると、Appleが取るべき戦略は極めて明白でしょう。

今回のリーク情報によると、現在話題になっている新しいApple Watchのスケジュールは、2021年後半または2022年前半となっています。しかし、Appleが計画通りにはリリースせず、新しい時計を棚上げにする可能性もあります。2021年後半に発売されるApple Watch Series 7は、現行モデルをアップデートし、スイムトラッキングのサポートを拡大するなど、新機能を搭載させてくると予想されています。また、Appleは彼らの新エディションに血糖値の測定機能を追加することを検討しているという報道もあります。

コメント