Twitterが音声DMを日本、インド、ブラジルでテスト

Twitterは長い間、写真や動画を伴う短いテキストの投稿を中心としたソーシャルネットワークというアイデンティティーに固執してきました。しかし最近では、Instagramのストーリー、ClubhouseやSpacesのような他の方向性を打ち出しています。同社がテストしている、少なくとも3カ国でユーザーがボイスメッセージを送れる最新の機能を考えると、人間の声の力に魅力を感じているようです。

140秒録音してメッセージを送信

Twitterがテキストベースの音声コミュニケーションに参入するのはこれが初めてではありません。グループボイスチャットやコミュニティホールに近いSpacesとは別に、Twitterは音声スニペットをツイートに付加する機能のテストを開始していました。新しい実験的機能は後者に似ていますが、より個人的なレベルのものです。

よくあることですが、タイプするのが面倒だったり、時間がかかる場合には、話したり聞いたりしたほうがいいこともあります。音声DMでは、ユーザーは140秒の音声クリップを録音して、その場の気分を伝えたり、より個人的なメッセージを送ることができます。ただし、プライベートメッセージで行う必要があります。

日本、インド、ブラジルでのみテスト

音声ツイートとは異なり、音声DMはAndroidとiOSアプリの両方で作成できますが、Webブラウザではまだ作成できません。しかし、どのデバイスでも音声メッセージを聞くことはできます。現時点では日本、インド、ブラジルのみでテストされています。


Twitterがメッセージングシステムに音声録音機能を追加したのは初めてではありませんし、他のテストに比べれば合理的な新機能であることは間違いありません。フリートやSpacesや音声ツイートとは異なるので、Twitterを定義付ける短いテキスト形式が変わってしまうことはありません。そして、すべてのユーザーが利用できるようになるかどうかは、この機能がどれだけ人気が出るかにかかっています。

コメント