MagSafeデュアル充電パッドが発売!購入前に知りたい小さな懸念点も

Appleが過去に計画したAirPowerワイヤレス充電マットは失敗だったかもしれませんが、MagSafeワイヤレス充電器を発表したことで返り咲きました。​そしてついに、MagSafeデュアル充電パッド(MagSafe Duo Charger)が発売されたのはうれしい驚きです。ただし、購入する前にいくつか知っておきたいことがあるかもしれません。

iPhoneとApple Watchの同時充電が可能

この​新しいMagSafeデュアル充電パッドを使えば、iPhoneやQi規格デバイスとApple Watchを同時に充電できます。両方の種類のデバイスを持っている方にはとても便利になるでしょう。充電中にApple Watchを支えて、ナイトスタンドモードをアクティブにすることもできます。

​Appleは以前のMagSafeブランドを再利用し、Qiワイヤレス充電規格との互換性を維持しながら、ワイヤレス充電に関する独自の技術を確立しました。​通常のワイヤレス充電器と比べて特別なのは、iPhone 12の背面に磁気的に留め、充電コイルの上にデバイスを正しく置く必要をなくすことです。iPhoneの充電は速くなりますが、このデュアル充電パッドには小さいですが気になる点があります。

電力は少し弱めで電源アダプタの付属なし

MagSafeデュアル充電パッドは、iPhone 12を11Wで充電するには、最低でも20WのUSB-C電源アダプタ(できればAppleのもの)を必要とします。また、​MagSafeデュアル充電パッドの最大容量14Wに達するには、27W以上の充電器を使うことをAppleは推奨しています。​ただし、その場合でも、単一のMagSafe充電パッドの最大15Wをわずかに下回ります。

​もう一つの難点は、MagSafeデュアル充電パッドには、129.99ドル(日本販売価格14,800円)という価格にもかかわらず、独自の電源アダプタが付属していないことです。​Appleの20W USB-C充電器を持っていない場合や、Apple製以外のアクセサリを使うことに抵抗があるなら、こちらもカートに追加する必要があります。

コメント