Nest WiFiルーターが在宅勤務に便利な機能をリリース

​今年は以前に比べて大幅に在宅勤務で過ごす方が多い年でした。在宅では、Zoomのようなビデオ会議ソフトウェアを使う可能性が高くなります。​家族の多い家庭では、誰かが映画をストリーミングしたり、ゲームをダウンロードしたりして、ビデオ会議の品質が大幅に低下することがあります。​Nest WiFiルーターの所有者は、この問題を直接解決できるようになりました。

新しい優先順位付け機能がNestアプリに表示される

 ​Nest WiFiは、優先順位付け機能を備えた最新のルーターで、ビデオ会議用の設定が含まれています。ユーザーは、新しい優先順位付け機能がNestアプリに表示され、NetflixやYouTubeストリーミングなどの他のアクティビティよりも、これらのアプリに優先順位を付けることができると報告しています。

​同様に、ユーザは優先順位としてゲームを有効にすることができます。これにより、ネットワーク上の他のユーザーが帯域幅を占有している場合に発生するpingの問題を軽減できます。​ユーザーは必要に応じて両方のオプションを有効にし、手動でオンとオフを切り替えることができます。

フィードで問題の可視化が可能に

Android Policeが報告しているように、ホームアプリのNest WiFiの設定では、ビデオ会議の優先度設定にZoomとGoogle Meetが含まれていることが明記されており、ゲームの設定にはStadiaが含まれていることが言及されています。また、​Googleのファームウェア・アップデートのリリースノートには、Nest WiFiルーターに関するいくつかの変更点も詳しく記載されています。

その他の変更点としては、パスワードの問題やメッシュネットワークのカバレッジの低下、それらによる接続トラブルなどでデバイスが接続に失敗した場合など、Google HomeアプリのフィードにWiFiイベントを表示できるようになったことが挙げられています。また、高速データフレームや全般的な改善に関しても、信頼性の向上を期待できます。

コメント