YouTubeがチャプターやコメントに関するAI実験開始

YouTubeのイントロが長いと苦悩しなくても良い時代がもうすぐそこまで来ているかもしれません。YouTubeは、機械学習を使用して動画にチャプターを自動的に適用する新しいテストを発表しました。これにより、視聴者がコンテンツをすばやくナビゲートできるようにしながら、クリエイターの負担が軽減されます。さらに、YouTubeはタイムスタンプを含む別の実験についても詳しく説明しています。

AIを活用しチャプターを自動で追加

 ​2019年末、YouTubeはベータ版のテスターが同社のテスト内容をチェックする手段として、公開実験に関するサポート文書を公開しました。2つの新しい実験がそのリストに追加され、AIを利用した動画チャプターや動画タイムスタンプに関するものが含まれました。

動画チャプターのテストでは、影響を受けるのはごく少数の動画だけですが、機械学習を使って自動的に動画にチャプターを追加します。​AIを活用することで、クリエーターが手動でチャプターを挿入する必要がなくなり、簡単にチャプターを利用できる動画がさらに増える可能性があります。

コメントをつけた箇所に自動でタイムスタンプ

​YouTubeによると、このテストの影響を受ける動画のクリエイターは、希望すれば実験を不参加にすることができます。​将来のツールを形作るためにYouTubeにフィードバックを送るオプションもあります。これに加えて、YouTubeはタイムスタンプを含む新しい実験も発表しました。

この実験に参加できる方のみの対応ですが、YouTubeは動画のコメントが行われている部分にタイムスタンプの時刻を自動的に設定します。このツールには、クリエイターがタップしてタイムスタンプを追加できる新しいアイコンが含まれています。まだ実験段階ですので、これらの機能がいつ一般公開されるのかは今の所不明です。

コメント