AMD Radeon Software Adrenalin2020でどこでもゲームプレイ

AMDは12月10日にユーティリティーソフトRadeon Softwareの大規模アップデートである、「Radeon Software Adrenalin 2020」を発表しました。このアップデートにはAMD Linkだけでなく、新たなUI(User Interface/ユーザーインタフェース )などが含まれています。

AMD Linkのアップデート:外出先からのプレイが可能に

AMD Linkは、元々Radeonグラフィックスカードを搭載したPCから、モバイルデバイスと同じローカルWi-Fiネットワーク上でゲームをストリーミングするだけのものでした。そのため、ベッドやソファの上でプレイするには適していましたが、外出先でのプレイはできませんでした。

しかし、今回のアップデートにより、PCがインターネットに繋がっていれば、多少のラグこそあるものの外出先からストリーミングすることが可能になりました。これは、GoogleのStadiaMicrosoftのxCloudのようなクラウドベースのゲームストリーミングに違和感を覚えている人でも満足しそうな内容です。

UIのアップデート:複数のサービスをひとつのプラットフォームから起動

UIのアップデートではデザインの変更だけでなく、キーボードのショートカットや、ゲームランチャーに関わらずひとつのプラットフォームからゲームを起動できるようになります。

  • Steam
  • Origin
  • Epic Games

など複数のサービスを利用しているユーザーには、多少役に立ちそうです。

まとめ

外出先でPCゲームができるようになるアプローチは、ほかにも

  • SamsungのPlayGalaxy Link
  • ValveのSteam Remote Link

などがあります。AMDNVIDIAのようなグラフィックカードのメーカーは今後、リモートのゲームストリーミング分野へのアプローチを強めていくのかもしれません。

コメント