iPhone12発表直前!土壇場でのリークが到着

Appleの次の大イベントは、日本時間では2020年10月14日午前2時ですが、土壇場でのリークと情報提供の余地があるようです。「iPhone 12」 シリーズについては、 「iPhone 12 mini」 という名称を含め、かなり前からインターネット上で話題になっていますが、隠れた重要な情報があるようです。iPhone 12のカメラには多くの注目が集まっていますが、TrueDepth Face IDカメラについても興味深いものを提供するかもしれません。

これまで以上に速くロック解除が可能に

AppleはiPhoneの前面カメラのアップグレードに関して、今年はかなり大きな変更があるという噂もありました。Max Weinbach氏が運営するTwitterアカウント 「@PineLeaks」 は、こうした期待を打ち砕くものですが、iPhone 12を待ち望むユーザーにとっていくつかの良いニュースを残しています。

TrueDepthカメラシステムは以前の噂のように再設計されることはないようですが、少なくとも5.4インチのiPhone 12 miniでは、よりコンパクトな形で登場するでしょう。その結果、ノッチが狭くなり、残念ながら代わりに高さがでます。また、「ダイナミック・ゾーニング・アルゴリズム」を利用して、これまで以上に迅速に顔でロックを解除できるようになります。

ProMaxモデルにウルトラワイドカメラ搭載

iPhone 12のメインカメラには、ズーム機能の改善などいくつかの 「確認済み」 機能もあります。とはいえほとんどの場合、ソフトウェアベースで異なるズームレベルで撮影された写真を積み重ねることになります。AppleのAI 「Deep Fusion」 も、ピント合わせや質感のシャープ化、鮮明化に一役買い、HDR 3は色と明るさの調整を行います。

また、マクロ撮影は徐々にトレンドになってきていますが、そのために別のカメラを専用に提供したいと考えるメーカーはほとんどありません。伝えられるところによると、AppleはiPhone 12 Pro Max にウルトラワイドカメラを搭載することを決定したといいます。しかし、他のiPhone 12モデルにも同様の機能が搭載されるかどうかは、10月14日のイベントまで待つ必要がありそうです。

コメント