Alexaにプライバシー設定を含めた新機能が登場

Amazonは、子会社のRingを含む多数の新製品を発表しましたが、新しいハードウェアを顧客に提供するだけではありません。同社は、多くのデバイスに搭載されているハンズフリー機能をアップグレードし、AI搭載の 「Alexa」 により多くのスキルと頭脳を与えたことも発表しました。さらにAmazonは、Alexaの欠陥と言われるプライバシー問題にも取り組んでいます。

今後追加予定の多数の機能が紹介される

最初はぎこちなく滑稽に感じられたAlexaですが、GoogleやGoogle Assistantを追撃するかのように成長しています。インターネットコンテンツへのアクセスに欠けているAlexaは、サードパーティーのデバイスやサービスのサポートで補うことができます。

もちろん、新しいスキルもあり、グループ通話をしたり、ビデオ通話に面白いエフェクトを追加したり、夕食のレシピの提案を求めることまでできます。Alexaには、赤ちゃんの泣き声や侵入を知らせる新しい音感知器も搭載されており、Amazon Echoデバイスでアラームを鳴らしたり、犬の鳴き声を再生したりすることもできます。

もっと進んだプライバシーオプションも

これらはすべてAIと機械学習を利用しており、そのほとんどは学習の過程で習得されます。しかしAmazonは、Alexaにユーザーの好みを教える際に、試行錯誤で学習させるのではなく、もう少し手動で操作できるようにしました。来年にはAlexaにグループ会話に参加する依頼もできるようになり、何度も何度もトリガーする必要がなくなります。

Alexaはプライバシーの設定についてはあまり知られておらず、Amazonが積極的にプッシュしてきたイメージがあります。今回の発表では、Alexaに、音声録音を処理した後すぐに削除してもらうことや、音声コントロールを使って今まで言ったことをすべて削除してもらうこともできるようになりました。Amazonは、ユーザーにプライバシーを保護するために必要なオプションの通知を年内に送信すると述べています。

コメント