アメリカで利用禁止と報道のTikTok、引続き利用できる可能性

物議を醸しているショートビデオアプリTikTokは、同社とOracle社、Walmart社との新たな契約の後、アメリカのユーザーが引き続き利用できるようになるかもしれません。TikTok自身から、この新しい契約に満足しており、アメリカにおけるTikTokの将来についての疑問を解決することを期待しているとの発表がありました。この発表は、トランプ大統領が国家安全保障上の懸念を理由にアメリカでこのアプリを禁止するように命じた数日後に行われました。

トランプ大統領も提携関係を大枠で承認

TikTokを取り巻くドラマには、親会社の中国企業ByteDance社が関係しています。同社は中国政府とユーザーデータを共有していることを否定しましたが、米国のセキュリティ担当者は、アプリによって収集された情報が中国共産党に提供される可能性があり、国家安全保障上の懸念を表明しています。それにもかかわらず、このアプリはアメリカ内でも非常に人気があり、何百万ものユーザーがいます。

また、トランプ大統領は、中国政府の承認を待っているこの契約を大枠で認めています。この契約の下、TikTokはアメリカのオラクルとウォルマートと協力して 「アメリカ政府が懸念するセキュリティ問題を解決する」 とツイートで述べました。オラクルはTikTok USの技術パートナーとなり、ウォルマートはTikTok USの商用パートナーとして同社と協力します。

新会社としてアメリカに残る

この取り決めは、トランプ政権がアメリカのアプリストアからTikTokを締め出すといった物議を醸している発表に続くものです。BBCによると、アメリカ商務省はこの新たな提携関係の下、中国政府の承認を待って、2020年9月27日までアプリの削除を一時停止しています。計画が実現すれば、TikTokはTikTok Globalという新会社としてアメリカに残り、アメリカに本社を置き、主にアメリカ人従業員によって運営されるといいます。

この契約の一環として、オラクルはTikTokのソースコードを検査することができるようになり、アメリカのユーザーのデータも保存されることになります。オラクルとウォルマートは今回の合意について独自の声明を発表し、オラクルが12.5%、ウォルマートが7.5%、両社の合計で20%のTikTok Global株式を取得することを明らかにしました。

コメント