Googleマイビジネスの掲載情報がコロナ禍の「ニューノーマル」への適応をささえる

COVID-19、新型コロナウイルスは、あらゆる文脈で「世界を変えた」と言えます。有効な治療法やワクチンさえ発見されるまで、私たちは生活はもちろんのことビジネスや仕事に関わる様々な方法は見直す必要があるでしょう。それこそ「ニューノーマル」と呼ばれているコンセプトに対応し、適応する必要があるのです。企業によっては、業務内容と時間の変更を意味します。Googleマイビジネスは、こうした変化に対して、Google検索とGoogleマップを通じて顧客にそれらの表示の変更方法を柔軟に提供しているのです。

コロナ以前のマイビジネス

2020年1月、COVID-19の流行以前はどうだったのでしょう。営業時間と言えば、例えば多くの店舗にとっては連続してお店を開けている時間を単に意味していたことでしょう。ところが今日、企業は営業時間だけでなく、その時間帯で提供できるサービスの種類にも、柔軟性を持たざるを得なくなりました。幸い、Googleマイビジネスは「営業時間」の定義を拡張することで、こうした事情に対応しています。

マイビジネスのオーナーユーザーは、オプションとして営業時間の詳細を設定できるようになっています。同じ日に異なる時間範囲を設定するなど、選択した時間をより細かく制御できます。おそらくサービスの最初から利用可能だったと思われる機能ですが、昨今の状況においてはより重宝されているのではないでしょうか。

マイビジネスがもたらした変化

もっとも強調しておくべきは、マイビジネスのオーナーはさまざまな種類のサービスまたは操作を選択し、その時間を設定できる点です。たとえば、集荷や配達の時間が1日のうち一定しない業務もあるでしょうが、マイビジネスを閲覧する一般ユーザーにはそれに対応した時間などの情報を提供できます。

何が変わったのでしょう。検索とマップのユーザーが自宅の外に踏み出す前に、より詳細で最新の情報を見つけやすくなったのです。この種の情報はやはり価値を増していると言えます。世界がパンデミックからゆっくりと回復し、新しい生活様式に適応しようといます。「インフラ」とも化したGoogleのプラットフォームが人々の生活をサポートしているように、テクノロジーが新たなパラダイムに適応を促しているのです。

コメント