猫2匹がコロナ感染した米国、ペットに関する新勧告

米国メディアのCDCが、新型コロナウイルスに感染し軽症と診断されたニューヨーク在住の2匹の猫に関する新しい勧告を発表しました。

新型コロナウイルス感染によるパンデミックの渦中にあるニューヨーク州では、全米で最初のペットの陽性反応が報告されていました。1匹目の猫はウイルスの兆候を示した後、獣医によって検査され軽度の呼吸器疾患を患っていると診断されましたが、この猫の飼い主を含む世帯住人にはコロナウイルス感染は見受けられませんでした。

また、2匹目の猫の場合は、飼い主がまずウイルスに感染し、猫にも病気の症状が現れたため検査したところ、陽性反応が確認されました。どちらの猫も専門家の見解では回復が期待されていますが、CDCとアメリカ合衆国農務省の獣医学研究所は22日水曜日に、共同で新たな勧告を発表しました。

この発表は、猫のみならずウイルス陽性と判定された世界中の他の動物に関する報告もふまえています。現時点では、獣医学研究所は「ペットが米国内でウイルスを広めているという証拠はない」と判断しているようです。しかし、さまざまな動物がウイルスの影響を受ける可能性があるかどうは、明らかになっていません。

よって、ペットを世帯の外に住んでいる他の人や動物から遠ざけるよう国民に助言しています。 同様に、猫は理想的には室内で飼い、犬を屋外で飼う場合も人通りのある道路や歩道などから一定の距離を保つ必要があるとのことです。CDCは、当面の間ドッグランやドッグパークを避けるべきと指摘しています。

まだまだ収束の気配が見られない日本でも、そのうちペットや動物のコロナウイルス陽性反応が報告されてしまうかもしれません。動物に対して人間のように対策を促したり除菌を行うのは至難の業ですが、大切な家族の一員であるペットの命を守るために、我々人間がなんとか、これ以上の感染拡大を食い止めたいものです。

コメント