後部座席をより快適にするベントレーフライングスパーのタッチスクリーンリモコン

ベントレーでのドライブが好きで自らハンドルを握るオーナーもいるかもしれませんが、大半のオーナーは別の誰かに運転してもらうために所有しているケースが多いのではないでしょうか。これは、一部のベントレーオーナーにとって、後部座席の快適性と利便性は、前部座席の乗客が利用できるものよりもはるかに重要であることを意味しています。Bentley Flying Spur (ベントレーフライングスパー)には、後部座席の乗客が贅沢な操作を行える新しいタッチスクリーンリモコンが搭載されています。

車両に劣らぬ佇まいを持つリモコン

ベントレーは、新しいフライングスパーの多機能タッチスクリーンリモコンにより、後部座席の乗客は車内の幅広い贅沢な機能をかつてないほどコントロールできるようになると述べています。リモコン自体も、まるでベントレー車両が中に置かれているかのように豪華なもので、ダイヤモンドのローレット加工が施されたポリッシュメタルで仕上げられています。

後部座席の乗客が便利に利用できるように設計されており、ボタンを押すと、リモコンがリアセンターコンソールの上部から展開されます。リモコンを使い終わった後は元の位置に戻しやすいよう、マグネットまで内蔵されており、細部に気遣いを感じさせます。リモコンには、4コアプロセッサと1GBのオンボードRAMを搭載しており、ディスプレイの解像度は1280×720です。触覚フィードバックに加えて、三軸加速度センサーと近接センサーを含む多数のセンサーにより、リモコンをより使いやすく直感的に操作できます。

幅広い高品質な機能が手の中に

電源は3200mAhのリチウムポリマーバッテリーから供給されます。リモコンを使って、後部座席の乗客は、14段階に調節可能な背もたれクッション、シートヒーターとベンチレーション、5つのマッサージ機能、アームレストヒーターを設定してコントロールすることができます。また、他にも、ファンの回転数、温度、風量配分、イオナイザーなど、後部座席の両側の空調機能を個別にコントロールすることができます。

室内照明の調整、ガラスとガラスの間のパノラマサンルーフや窓、日よけと後部のブラインド、そして、オプションのムード照明もリモコンでコントロールできます。同乗者は、オプションの18スピーカーオーディオシステムを操作することもできます。画面には、ナビゲーションインターフェイスとともに、車速、走行情報、外気温などのデータが前面に表示されます。ボンネット上のフライングBのマスコットは、リモコンを介して格納または展開することができます。

コメント