Audi「RS7 Sportback」をもっとワイルドにしたい方へ:ABTが「RS7-R」を発表

Audiの最新モデル「RS7 Sportback」の発売を心待ちにしている熱心なファンがいる一方で、ドイツのチューニングブランドABT「RS7-R」を発表しました。ABT RS7-Rは世界125台限定生産とされており、受注はすでに始まっています。このカスタムカーは現行のRS7 Sportbackをベースにしており、洗練されたスタイリングとパフォーマンス向上が施されています。

ABT Sportline(ABTスポーツライン)は、視覚的なインパクトを高めることを目的として、一連のボディキットとカーボンファイバー製パーツを使用しています。通常のRS7も元からゴージャスな車ですが、ABTはフロントリップとグリルフレームを一新することにしました。また、新しいカーボン製リアスポイラーとリアスカートを採用し、RS7の滑らかなクーペスタイルにアグレッシブな一面を加えました。

この車で買い物に出かけるには派手すぎるかもしれないが、サーキットへ持ち込むにはぴったりである。

RS7-Rは、特注の22インチABTハイグロスブラックホイールと高性能タイヤを装着しています。ウィングレット、サイドスカート、ドアミラーに至るまで、ボディ全体に軽量のカーボンを採用し、軽量化を図っています。

一方、内装にはユニークな素材を採用し、ステアリングホイール、シフトレバー、センターコンソールを特別仕様に仕上げています。また、車内にはさまざまなエンブレムやロゴが描かれており、わずか125台のうちの1台を運転しているという満足感を味わうことができます。

素材の変更やロゴの加飾などが施されたインテリア。

しかし、パワーのアップグレードなしにABTモデルは完成しません。ベース車両が搭載する591馬力、590ポンド・フィート(800Nm)のトルクを発揮する4.0L ターボチャージャー付きV8エンジンではまるで不十分とでも言うかのように、ABTはコンピューターをPower R ECUに変更することで次善の策を講じました。その結果、最高出力690馬力、最大トルク649ポンド・フィート(880Nm)というビッグパワーを、エンジンルームに大きな変更を加えることなく得ることができました。

「FROM THE RACETRACK TO THE ROAD-トラック(サーキット)から公道まで-」と刻まれたエンジンカバー。

これは、RS7 SportbackのV8エンジンよりも約100馬力多いことになります。驚くべきことだと思うかもしれませんが、さらに欧州向けのABT RS7-Rは750馬力に調整されています。このモデルはすぐには北米には上陸しないでしょうし、残念ながら日本への導入も未確認です。たとえ690馬力でも、おそらく4ドア高級セダンとしては十分すぎるスペックかと思うのですが、欧州のユーザーにとっては物足りないのでしょうか。

8速TiptronicのトランスミッションにQuattro全輪駆動システムを組み合わせることで、そのパワーをフル活用することができます。ABTは標準のエアサスペンションの代わりに、新しいABTコイルオーバーサスペンションスプリングおよびスポーツアンチロールバーを装備。コーナリングでの安定感を高めました

鮮やかな塗装の仕上がりにも注目してください。クールなラッピングもパッケージの一部で、ボディ全体に施された赤いアクセントがスポーティな印象を強めます。ABT SportlineはRS7-Rパッケージの価格について言及していませんでしたが、ベースとなった2020年モデルのAudi RS7 Sportbackの本体価格は12万ドル(約1,296万円)前後からとなっています。

もし、すでにRS7を所有していて、その素晴らしいV8エンジンに手を加えることなくパワーアップしたいのであれば、どこに連絡すればいいかはもうお分かりですよね。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント