Mercedesから3台のPHEVが登場:最高71.4km/Lの高燃費を実現

Mercedesは、「EQ Power」シリーズに3台のPHEVを追加すると発表しました。ラインナップに加わるのは「CLA250 e Coupe」「CLA250 e Shooting Brake」「GLA250 e」の3台。CクラスやEクラスなど、中~上級セグメントベースのPHEVはすでに販売されていますが、CLA・GLAシリーズでは初めて。今回の追加により、第3世代ハイブリッド駆動システムを搭載するMercedesの電動ブランド「EQ Power」シリーズが完成します。

クーペセダン「CLA250 e Coupe」。ちなみに、画像右端に写っている黒い充電器はMercedes専用のウォールユニット。

電気自動車として、エンジンを使わずにバッテリーのみで走行した場合の航続距離は71~79km。3台は駆動システムの多くを共有しています。モーター出力は75kW、システム出力は160kW、最大トルクは450Nm。最大7.4 kWまでのAC(交流)充電と、最大24kWまでのDC(直流)充電に対応しています。

コンパクトSUV「GLA250 e」。今秋には完全EV仕様の「EQA」が発表される予定もある。

Mercedesは、バッテリーが車内空間に与える物理的な影響が最小限になるように設計しました。他のコンパクトモデルと同様に横置きのエンジンを搭載するなど、車内を広く保つような工夫を施しています。横置きエンジン向けの8G-DCTデュアルクラッチトランスミッションも新たに開発。また、低損失の湿式クラッチを備えたモーターとして、永久磁石型同期モーター(PMモーター)を使用しています。

右は「CLA250 e Shooting Brake」。

先述の通りシステム全体の出力は160kWで、ハイブリッドシステムと1.33L 4気筒エンジンから合計218馬力を発揮します。15.6kWhのリチウムイオンバッテリーは、1時間45分で満充電でき、DC充電を利用すれば25分で10~80%を充電可能です。

3台の0-100km/h加速は6.6~6.9秒、最高速度は時速140マイル(225km/h)に達します。欧州基準の燃費は62.5~71.4km/Lと環境性能も優れています。CLA250 e Coupe、CLA250 e Shooting Brake、GLA250 eはいずれも、数週間後に市場に投入予定とされています。価格は36,943ユーロ(約438万円)から。環境性能や走行性能、充電時間などさまざまな要素のメリット・デメリットのバランスを考慮した選択肢として、PHEVのラインナップは今後しばらく拡大されるでしょう。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント