2000GTやLFAを所有しているか?サーキットは年に何回走る?トヨタ「GRスーパースポーツ」の購入条件公開 

フェラーリやランボルギーニなど、多くの高級車ブランドはスーパーカーの購入希望者に対して「審査」を行います。フォードが名車『フォードGT』を販売する際も、「フォードの顧客であること」、「頻繁に乗るかどうか」などユーザーの熱意を確かめるような”条件”が提示されました。トヨタは現在、製造を予定しているスーパーカー『GRスーパースポーツ(仮称)』の購入希望者に対する審査内容を公開しています。

GRスーパースポーツは20台のみの限定生産モデルで、購入するために必要な”条件”は全12項目。審査内容は名前、年齢、住所、電話番号など基本的な個人情報のほか、「何台のスポーツカーを所有しているか」といったものもあります。

トヨタ『GRスーパースポーツ(仮称)』

また、スポーツカーでの年間走行距離や、今後購入予定のモデルについても記入が求められています。トヨタ『2000GT』やレクサス『LFA』を所有しているか、あるいは過去に所有したことがあるかどうかも”条件”の1つとなっているようです。ほかにも、モータースポーツに対する熱意やGRスーパースポーツの購入意欲を問うような質問が続きます。

オンラインで公開されている審査内容は以下の通り。(名前などの基本情報は除く)

  • 所有しているハイパフォーマンス・スポーツカーの数
  • 所有するスポーツカーのうち、お気に入りのモデル10車種
  • スポーツカーによる年間平均走行距離
  • 将来購入予定のスポーツカー
  • トヨタ『2000GT』を所有している、または過去に所有したことがあるか
  • レクサス『LFA』を所有している、または過去に所有したことがあるか
  • サーキットでの年間走行回数
  • 興味のあるモータースポーツ(F1、WECなど)
  • モータースポーツへの参加方法(観賞、参戦、レーシングチームの所有など)
  • 現在所有している、または過去に所有したことがあるモータースポーツライセンス
  • 『GRスーパースポーツ(仮称)』に興味を持った理由や期待していること
  • 『GRスーパースポーツ(仮称)』の購入意思

GRスーパースポーツは、今年から始まるル・マン・ハイパーカー・クラスの参戦車両の市販モデルです。ル・マンに参戦するためには最低20台の市販モデルを販売する必要がありますが、その購入には非常に高いハードルが設けられています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント