サイドウォールに不具合 クーパータイヤ、米国内43万本のリコール発表

20年ほど前、ファイアストン社のタイヤが不具合を起こし、米国で死亡事故に発展して大規模なリコールが行われたことがありました。タイヤに関するリコールは珍しいことではありませんが、クーパー・タイヤ・アンド・ラバー社(Cooper Tire & Rubber Co.)は今回、米国内の43万本以上のトラック用タイヤを対象としたリコールを発表しました。原因は、サイドウォールの非常な膨らみとされています。

クーパーによると、リコールの対象となるのは以下の10銘柄。主に、トラックなど商用車向けの製品です。

  • Discoverer
  • Evolution
  • Courser
  • Deegan
  • Adventurer
  • Hercules
  • Back Country
  • Multi-Mile
  • Wild Country
  • Big O

これらのタイヤの中には、ジープなどのオフロード車に使用されているものもあります。タイヤのサイドウォールが膨らむと、内部の空気が急速に失われ、最悪の場合サイドウォールが剥離する危険性があります。

クーパーによると、この問題による物的損害、死亡事故、負傷事故は発生していないとのこと。リコールは3月25日に開始される予定で、販売店では無償でタイヤを交換します。走行距離やタイヤの状態など、無償交換に何らかの制約があるかどうかは不明。現在のところ日本国内でのリコールは確認されていません。

自動車業界のリコールとしては、最近ヒュンダイが約82,000台のEVのリコールを発表しました。9億ドル(954億円)もの費用をかけ、世界中のEVのバッテリーシステムを交換するとされています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント