フォード「ブロンコ」釣り/ドローン/ バイク 見るだけで楽しいアクセサリー

フォードは新型SUV「ブロンコ」シリーズに豊富なバリエーションを用意しています。ジープ「ラングラー」をはじめとするライバル車に対抗するために開発された、新しい5つのコンセプトをご紹介します。

各アクセサリーコンセプト紹介動画

フォードのカタログには、オフローダー「ブロンコ」に200以上、都市型SUV「ブロンコスポーツ」に100以上のアクセサリーが用意されており、その中には取り外し可能なドアやソフトトップ、LEDライトなどが含まれています。

釣りの愛好家向けコンセプト

例えば、「フィッシングガイド(Fishing Guide)」では、熱心な釣り愛好家に向けた装備が揃っています。

釣り好きに向けた「フィッシングガイド」

4ドアのアウター・バンクスをベースに、前席ソフトトップ、ルーフレールおよびクロスバー、ヤキマ・ロックンロードのルーフラックを追加。

トレイルサイトには釣り竿とシートパーチを取り付けることができ、専用のフロントバンパー、サファリバー、車内にはオールウェザーマットなど防水パーツを装備しています。

オフロードをどこまでも

オフロードが好きな人には、2ドアのバッドランズをベースにした「トレイルリグ」が用意されています。

未舗装路の走破性を高めた「トレイルリグ」

専用フロントバンパー、チューブドア、ビードロック対応ホイール、40インチRIGID LEDライトバー、ウィンチ、アクセサリーマウント付きヤキマ製ルーフラックを装備。

車内には頑丈なフロアマットを備えるなど、砂や泥にも耐えられる耐久性を持っています。

都市型SUVも本格的なオフローダーに変身

トレイルリグはブロンコスポーツにも設定。31インチのBFGoodrich Mud-Terrain T/A KM3タイヤを装着するほか、2.5cmのリフトアップ、RIGID LEDオフロードライトを装備しています。

ドローン用ターゲット付き

また、自転車2台分のスペースがあるヤキマの自転車用ラックや、ドローンを着陸させるためのターゲットもあります。

牽引するならコレ

最後の「TOW RZR」では、より多くの牽引装置やカーゴを装備します。ヤキマHDバーとOffGridミディアムカーゴバスケット、そして最大2,200ポンド(1,000kg)の牽引能力を持つクラスIIトレーラー牽引パッケージを設定しています。

バギーやバイクなど、1トン程度のものなら牽引できる「TOW RZR」

ブロンコのようにライフスタイルを強く意識したクルマでは、こうしたアクセサリーがとても重要な要素となります。ブロンコはかつての名車の名前を引き継ぐモデルとして重い期待を背負っていましたが、バリエーション豊かなライフスタイルを提案したことで、単なる「リブート」ではなく、それ以上の価値を生み出したと言えます。

これはジープが長年にわたってラングラーで成功を収めてきた戦略であり、豊富なアクセサリーやパーツの数々が、その継続的な成功の鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。フォードは同様の成功をブロンコで狙っています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント