ベントレー 新型フライングスパー 3Dウッドパネルを世界初採用

ベントレーは、最新のフライングスパーを究極のラグジュアリー・グランドツーリングセダンにすることを使命としています。昨年、高級セダンでは初となるダイヤモンドキルト加工の3Dレザーを内装材に採用。そして今回、アメリカンウォルナットとアメリカンチェリーから作られた世界初の立体的なウッドパネルを発表しました。

このユニークな内装材は、2015年に発表されたコンセプトカー「ベントレーEXP 10 スピード6」で初めて垣間見ることができました。ダイヤモンドキルトのデザインをコンセプトから現実のものにするために、ベントレーは実に18ヶ月の開発期間を要しました。

3D切削加工のウッドパネルを市販車に世界初採用

「立体的なウッドは、コンセプトカーのアイデアから製品化に向けた、次なるインテリアデザインです」

ベントレー フライングスパーのインテリアデザイン責任者であるブレット・ボイデル氏はこのように述べています。

「フライングスパーのキャビン全体に施された立体的なレザーキルティングと完璧に調和し、運転される方にとってより特別な環境を作り出します」

後席のドアの内張に採用。シートの立体的なキルティングと調和している。

この革新的な3Dウッドパネルは、後席ドアの内張に採用されます。

従来のウッドパネルの代わりに、アメリカンチェリーとアメリカンウォルナットの木材を一枚のブロックとして使用。ベントレーによると、3D化には最高級の持続可能(サスティナブル)な木材のみが選ばれるとのこと。

しかし、無垢の木材の塊に立体感を持たせるのは簡単なことではありません。熟練した職人が、非常に精密な多軸ルーティングマシンを使用して木材を彫刻します。

従来のフラットなウッドパネルと異なり、新たな世界観を演出する。

ベントレーによると、このマシンの公差は0.1mm(人の髪の毛の太さ以下)で、各パネルに150個のユニークな単板ダイヤモンドを作成することができるといいます。

「幾何学的な3次元ダイヤモンドの形状を無垢材に切削加工するという原理は、ジュネーブで非常に好評を博しました。ベントレーの新型フライングスパーの顧客のために、コンセプトを現実のものにすることの価値を再確認しました」とボイデル氏。

機械加工の後、表面にオープンポアラッカーを塗布し、自然でありながら格別な仕上がりを実現しています。

ミュルザンヌ生産終了後、フライングスパーはベントレーの旗艦モデルとなった。

フライングスパーの内装材は、イギリスのクルーにある世界初のカーボンニュートラルな高級車工場で手作りされています。立体的なウッドトリムは、サスティナブルなラグジュアリーを追求するベントレーの姿勢を表しています。

新型ベントレー フライングスパーは、野獣のようなリムジンです。6.0L ツインターボのW12エンジンを搭載し、最高出力626馬力、最大トルク900Nmを発揮します。

この巨大なパワープラントを搭載したフライングスパーは、停止状態から3.7秒で時速97kmまで加速し、最高速度は時速333kmに達します。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント